前へ
次へ

税理士には2通りあります。

税理士は難関資格のひとつで、資格さえあれば生涯安泰と言われたのは昔のことです。税理士には2通りあり、資格試験に受かった叩上げと国税庁OBがいます。収入面で比較した場合、国税庁OBの方が高い傾向にあります。巷では現役の国税庁職員も国税庁OBには逆らえないので、監査が甘くなると噂されるほど、同じ税務を任せるならメリットがある国税庁OBに仕事を依頼したいと思うのが人間の性というものです。ただし、一般求人があるのは、たたき上げの税理士です。求人をしなければ集まらない税理士事務所に、ロクに仕事も出来ず、給料だけは高い国税庁OBにデカい顔をされてもオーナーとしては困ります。近頃は会計ソフトや税務申告ソフト、国税庁への電子申告も容易にできるようになっているので、ますます業務の奪い合いが激しくなります。

Page Top