前へ
次へ

弁護士資格とはどういうものか

弁護士制度は明治時代になってフランスの代言人という制度に倣って導入されました。当時はまだ資格制度は確

more

重要な意味を持つ弁護士バッチ

弁護士は狭き門をくぐり抜けてようやく得られる資格の一つであること、また法律を扱うという専門的な職務を

more

税理士に必要となる資格

税理士とは税に関する専門家であり企業や個人の依頼により税務代理、税務書類の作成、税務相談などを行う役

more

自己破産を実施するデメリット

自己破産を実施すると定められた財産が処分されます。 処分されることになる財産に関しては家や車にとどまらず、20万円をオーバーする資産や99万円を上回るキャッシュなどです。 しばしば破産をすると家具をあらいざらい処分される、破産後の暮らしはどういうふうになるかと不安に感じる人もいますが、売却やキャッシュ化した際に20万円をオーバーする財産は殊の外少なく、現実に破産したからといってどれもこれも持っていかれることはありません。その反対に家や車しか破産で処分されるほど高い値段のものはないということもよく見受けられます。 しかしながら、生命保険並びに学資保険というような積み上げてきたもの並びに有価証券などがあれば引き渡す覚悟は求められます。 家庭にあるありとあらゆるものが処分されるとイメージされている人もいますが、破産をして生きていくのに困ることはないに等しいということになります。 また、限定的な仕事に就けなくなる というデメリットがあります。しかしながら、破産すると失業、勤め先をクビになると言っているわけではありません。手続きをスタートさせてからフィニッシュするまでの間、就けない仕事があるということになります。 その影響を受けて手続きをスタートさせてから数か月から1年くらいで元の仕事に就くことは困難ではありません。その一方で、所定の期間でも仕事に就けないのは死活問題だだと考えられます。したがって、確実に破産を検討している方は破産するとどういうふうになるか、手続き期間はどのくらいかかるのかはあらかじめ理解することが重要になります。また、ブラックリストにエントリーされるというデメリットがあります。 債務整理を実施するとブラックリストへと載ることになります。 リストに載っていることから、自己破産後は新たな形で借り入れできませんし、クレジットカード発行もできなくなります。そして住宅ローンや車ローンを組めません。その一方で、ブラックリストに記された期間は5年から10年程といわれています。 リストから除外が行なわれると新規借り入れ、或いはクレジットカードなどができるようになります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top