前へ
次へ

重要な意味を持つ弁護士バッチ

弁護士は狭き門をくぐり抜けてようやく得られる資格の一つであること、また法律を扱うという専門的な職務を持つことから、社会的な信頼性が高い職業の一つです。その信頼性の高さ故、資格がないにも関わらずこの職業を名乗り、人を騙そうとする人間も後を絶ちません。そうした悪事を防止するための一環として、弁護士バッチの存在があります。正確には弁護士記章と呼ばれるもので、金色で丸い形をしているのが特徴です。「正義」と「自由」を象徴する十六弁のひまわりを象っており、その中央には「平等」と「公正」を意味する秤が刻まれています。弁護士は、その職務を行う際にはこのバッチを胸元につけることを義務づけられています。つまりこのバッチを身につけていない者は、この職業を名乗ることはできないのです。バッチがないにも関わらずこの職業を名乗り近づいてくる人物は、偽物と判断して構いません。それほどに重要な意味を持つアイテムなのです。

Page Top