前へ
次へ

税理士に必要となる資格

税理士とは税に関する専門家であり企業や個人の依頼により税務代理、税務書類の作成、税務相談などを行う役職です。税理士になるためには税理士試験に合格すること、税理士試験を免除されたものであること、弁護士としての資格を有していること、公認会計士としての資格を有していること、といった項目のどれか一つを満たすことが必要です。試験についていえば、8月に筆記試験行われており合計5科目が合格する必要があります。試験に合格すれば、連合会の名簿に登録することができ業務を行うことができます。税務署などに一定期間税務事務として従事することで試験を免除されることがあります、これは弁護士や公認会計士なども同様に試験を免除されます。

Page Top