前へ
次へ

交通事故における損害賠償には二種類ある

交通事故における損害賠償と言うと、実際には大きく分けて二つの種類に分類できると言われています。そのうちの一つがは財産的損害、つまり交通事故の被害によって失った財産もしくは利益に対する賠償ということになります。この財産的損害も、さらに二つの種類に分けることができますが、そのうちの一つに失った財産に対する損害があります。これは積極損害と言い、事故で破損した自動車などの修理代に加えて、事故で負った怪我の治療費などが含まれます。もう一種類の財産的損害とは消極損害と呼ばれるもので、主に失った利益に対する損害と言うことができます。消極損害には、休業損害と言って、本来なら仕事で得られていたはずの収入が、事故被害に対する治療のため仕事を休まざるを得なくなった場合に適用されるものがあります。また逸失利益と言って、事故で片足や片腕を切断せざるを得なくなったり後遺障害が残ったりして労働能力が低下し、それによって本来得られたであろう将来の収入が減少してしまう場合のことを言います。基本的には、事故により物的損害があったり身体が負傷を負っている場合には、この種の財産的損害を請求することができます。

Page Top